日大・東洋大・駒澤大・専修大の日東駒専の
志願者増減率の予測が河合塾の模試のデータを元に発表されました。
結果は以下のようになっています。

  • 日大 -26%
  • 東洋 +1%
  • 駒澤 +5%
  • 専修 +9%

昨年の文部省定員厳格化の影響で、合格者がかなり絞られたせいか
早慶上智・MARCH・関関同立など難関私大すべてにおいて志願者の減少が予測。

一方で昨年の日大のアメフトタックル事件の影響があってか
日大の志願者の大幅な減少が予想されているが、
東洋・駒澤・専修は受験生が増えると予想されている。

なので日東駒専の難易度は昨年と比較すると日大以外やや難化すると予想。
日大は一時的な減少だと思うので、逆に言うと今年日大はねらい目なので
日大を受験するのも賢明な選択の1つ。