明治・青学・立教・中央・法政、MARCHの志願者増減率が
河合塾の模試のデータを参考に発表されました。
結果は以下のようになっています。

  • 明治 -14%
  • 青学 -14%
  • 立教 -9%
  • 中央 -14%
  • 法政 -9%

上記のようにMARCHの5大学すべてが今年志願者減と予想。
大体1割は減るようなので、昨年よりは競争率は低くなる可能性が高いです。

昨年からの定員厳格化により、MARCHのみならず、
早慶上智・関関同立などほとんどの難関私大でこの傾向が見られ、
浪人を避けたい受験生の安全志向が顕著に出ています。

一方で日大を除く日東駒専や大東亜帝国などの中堅私大は
逆に志願者が増えているので中堅私大の難易度はやや上がるかもしれません。

昨年は明治と青学は特に難しかったので、今年はそこまでになる可能性は低いように
思いますが、一昨年よりは難しいのは間違いないと思うので、
受験生は引き続き気を引き締めて勉強を頑張って下さい。