東大現役合格者高校別ランキング2018

  • 1位   開成(東京)116名
  • 2位   筑波大付属駒場(東京)80名
  • 3位   灘(兵庫)70名
  • 4位   麻布(東京)61名
  • 5位   聖光学院(神奈川)56名
  • 6位   桜蔭(東京)55名
  • 7位 栄光学園(神奈川)50名
  • 8位   海城(東京) 41名
  • 9位 浅野(神奈川)36名
  • 10位  日比谷(東京)33名
  • 11位 ラ・サール(鹿児島)32名
  • 11位 渋谷教育学園幕張(千葉)32名
  • 13位 早稲田(東京) 29名
  • 14位 駒場東邦(東京)27名
  • 15位 西大和学園(奈良)26名
  • 15位 東海(愛知) 26名
  • 17位 筑波大付属(東京)23名

出典

サンデー毎日2018/3/25号

スポンサーリンク

総評

東大現役合格者数では麻布と灘が入れ替わり、
灘が3位、麻布が4位という結果に。

上位15位以内に入った高校のうち
公立高校は日比谷高校のみと
圧倒的に東大は中高一貫私立が強いのがわかる。

東大・京大・医学部は難易度的に別格で、
中学受験で中高一貫校の上位校に進学した生徒ほど
現役合格率は高いのが現実。

16位以内に入った高校のうち、
首都圏以外は灘、西大和、 東海、ラ・サールの4校のみで
残り12校はすべて関東圏内の進学校である。